E+motion プロジェクト始動❷

mario-01

先日のつづきです。

さて、少し出版の話に戻ります。
よく言われている「活字バナレ」。
みなさんは、この現象をどう捕らえてますか?

実は、「活字バナレ」を侵攻させている一番の要因は、
大手出版社と、それに追従する取次、小売り書店そのものではないかと自身は考えてます。
あらゆる業界の中でも、もっともこわれたマーケであると感じます。

一昔前は、「立ち読み」は日常でした。
「立ち読み」することで(お店には迷惑だったか)、読者は書籍の「商品価値」を充分に確認できました。

一般商材の場合、消費者は、商品スペック・競合商品との比較など様々な情報を購入判断の材料とします。
そこには、消費者の「目」という幾重ものハードルを越えた納得と「信用」「信頼」が必ず生まれます。

方やどうでしょう、書店では立ち読み防止のためとして書籍はラッピングされ、
まったく内容が確認できないようになってます。
つまり「商品価値」を消費者に確かめさせないで、一か八かの消費を、消費者に強いているのです。
このような市場に「信用」「信頼」など生まれるはずもなく、消費が右下がりの一途を辿るのも頷けます。

そこで、まず大切なことは、商材を販売しお金を集める前に、
消費者の「信用」を集めるということです。

今回の企画で目指したいことは、
❶全行程の「見える化(K池さんの請け売り)」
❷作品内容のWeb公開
❸作品の販売を他人任せにしない
上記3点を肝に銘じ「信用」「信頼」ある運営を実現していきたいと考えてます。

最後に1月19日(金)の公開日にあたって投稿した通信を紹介します。

以下抜粋————

【エモ通信vol.4エモ企画のクラウドファンディングが公開されました‼︎】

皆さまこんにちは!
ついに、エモ企画のクラウドファンディングページが本日1月19日公開されました!

https://camp-fire.jp/projects/view/56071

企画の立ち上げに際して、数多くの方々のご支援や応援の声をいただき、とうとう今日という日を迎えることができました。
皆さま、本当にありがとうございます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あなたが「読みたい」、あなたが「創りたい」珠玉の文芸本一冊のご提案!
みんなで創るアンソロジー集!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私たち丘のうえ工房ムジカは、このコンセプトと強い覚悟を胸に、昨年より長い時間をかけて企画の準備を進めてまいりました。
そして今、常に新しい文芸世界と、その作家を「あなた」に紹介するための第一歩目を踏み出そうとしています。

初めてのことばかりで、何かと不慣れな部分もあるかと思います。

でも私たちはこの企画を、「あなたと」創り上げたい。「あなたと」成功させたい。

そして「あなたと」夢を語り合いヴィジョンを描き未来を実現してゆきたい。
今、これを読んでくださっているあなたも、その未来の一部です。

本企画を是非力強く拡散させましょう! サクセスしましょう!
より多くの方々にご賛同いただくために、ぜひこの記事のシェアをお願いいたします!!

編集部一丸となって、皆様から頂いた賛同のお気持ちと、個人個人でしかなかった作家の乗り込む方舟を作って、
未知なる文芸の水平線を目指して乗り組んでゆきたく思っています!!

「丘のうえ工房ムジカ」北澤眞人・颯木あやこ・葛原りょう

ここまで————

何はともあれ行動に移していきましょう!
今を大切に。

詳しくは↓

【活きのいい活字を読むならアンソロジー集『E+motoin』。文芸の旬を直送!!】
https://camp-fire.jp/projects/view/56071?token=39o9twpu

【丘のうえ工房ムジカ Facebook】
https://www.facebook.com/pg/bungeimusica/posts/?ref=page_internal

今日の一曲↓

E+motion プロジェクト始動❶

image_50000over

去年の夏あたりから、出版事業を本格的に開始してます。
自費出版のお手伝いをメインに、コツコツと5冊ほど出版しました。

出版業界といいますか、クリエイティブ業界なのか、、、
たぶんあらゆる業界が、市場的にはずーっと閉塞していて、
資本は全て川上で堰き止められ、いくら操業しても経営が追いつかないという現状。

やはり、しぼんだ受注をあてにするのではなく、
より川上の仕事を、創出し組み立て実行してゆく。
そんな決意が出版事業に自身を駆り立てたと思うのです。

で、さらに推し進めて、実行に移したのがクラウドファンディングを利用した、
これからの物作りと資本の集め方・運用、そこをしっかり考えた出版企画の立ち上げです。

何がちがうのか、、、

「もの」の市場価値というのは、消費者が認め与えるものです。
売り手やメディアが、いくらその価値や説明を押しつけても消費者は納得しません。
消費者の納得とは、「信用」なのです。
近年、百貨店の小売りも、この消費者「信用」というものを非常の軽視してきました。
つまり消費者を馬鹿にしてきたのです。
馬鹿にされて楽しい人はいません。当然、そこには「信用」など生まれるはずはないです。
昨今の、買い控え経済は、売り手の傲慢が作り出した当然の帰結です。

しかしながら、クラウドファンディングでは、賛同を呼びかけ、少額投資を実現します。
賛同というのはつまり「信用」です。
「信用」を集めて成り立つというところに、
問題解決のヒントがると考えるわけです。

つづく

詳しくは↓

【活きのいい活字を読むならアンソロジー集『E+motoin』。文芸の旬を直送!!】
https://camp-fire.jp/projects/view/56071?token=39o9twpu

【丘のうえ工房ムジカ Facebook】
https://www.facebook.com/pg/bungeimusica/posts/?ref=page_internal

E+motionプロジェクト共同発起人 葛原りょう ムジカマジカPV↓

デザイナーの作るカルボナーラ

賄いは、「シンプルで美味しい」に限ります。なので、カルボナーラ作ってみました。材料は卵(黄身でも全卵でも)、ベーコン(またはパンチェッタ)、粉チーズ、塩、黒胡椒、オリーブオイル、ニンニク、パスタ(1.6mm)のみ。

カルボナーラの由来

炭焼人 (Carbonara) がもし、仕事の合間にパスタを作ったら、手に付いた炭の粉が落ちてこんな風になるのではないかというイメージをして黒コショウをからませ創られたパスタ

出典:Wikipedia

シンプルかつ手早く作らないと美味しくできないパスタです。デザイナーの作業も、厳しい納期のなか限られた時間で、正確に作業進めなければ仕事を納めることができません。料理とデザインの作業は共通項が多く、賄いを作りながら日々再確認をさせられたり、いろいろ気づくことが多い。
何事もそうですが、漠然と事にあたってはいけません。「思い」「思考」「行為」の三拍子が必要です。それはカルボナーラを美味しく作ることにおいても同じ。つまるところ今回の賄いも大成功でしたW。またモテるな(キリッ!

IMG_0323

あとは、好みの音楽でも流しますか!


今日のBGM David Bowie- Space Oddity Original Video (1969)